小杉ねこである

2匹の猫とOLあたしの日常を綴ってます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

沢庵も歯の治療  

 



沢庵も歯の治療に行ってきました! 日帰り入院!

約7年前に去勢手術以来の長時間病院ステイです…



結論からいいうと、歯は1本抜いて、他1本怪しいことろが

ありましたが、周りをクリーニングして経過をみましょう、

ということに。点滴設置もなく、痛み止めをもらうことなく

帰れました。そう思うとひょう太の時は大ごとでしたねえ。




仕事を終え、19時過ぎ頃には病院に着くことができました。

待合室には、2人の方がいたので、すぐに連れて帰れないと

思い、ゆっくり腰を据え、ニャンの雑誌を読んでいました。



すると、診察室から、低高音の呻り声が聞こえてきました。

生死を分けたケンカでもしてるんではないか… 激しい声。

ニャンも先生も大変だなあ… しばらく聞こえてくる声に

不安を感じながらいると、受付の方が私を見て苦笑い。。。

  

えっ!?沢庵ですか?」



「そうです。」



がーーーーん( ̄□ ̄;)!!



こちらの心配もMAX。あんな声、聞いたことないです。


沢庵、どうなってるのーーーーっ



部屋に呼ばれると、正に不機嫌な顔をして鞄に入ってる

沢庵がいました… 「どうしたの?」「迎えにきたよ~」

撫でる私にも、「ウーーーーーー」とする始末。 興奮の

原因は、点滴を外す行為に怒り心頭だったらしいです。

ちなみに点滴を入れる時もそうだったみたいです(^▽^;)

しばらくは、鞄の外から声をかけることにしました。



帰り道、病院の匂いがしなくなったことに安心したのか、

タクシーの中では、頭をごっつんするようになりました。



家に着くとひょう太の激しい歓迎っぷりに呻りながらやり

過ごし、早速ご飯の要求。もちろん禁食…しかし、要求の

激しさたるや…なだめすかすのが大変でした。水分は少し

あげてよいということでしたので、ウェットにお湯を入れ、

味がしみ込んだスープだけを取り出し、沢庵にあげました。



ひょう太は、その瞬間にさっとご飯を。結局、すぐに沢庵が

強奪にきたので、ひょう太も極少量の夕飯となったのでした。



とにかく、うちの子たちの歯はあまり強くないようですので、

歯のケアと今後に向けて貯金をしなくてはなりませーっん!




.:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:.





旦那にだっこされた沢庵。 平和な日常★
DSC_0016 (620x413)























旦那、もうちょっと上!
DSC_0015 (620x413)



















ちがうちがうDSC_0018 (620x413)



















もういいから おろして
DSC_0020 (620x413)












ランキングに参加しております。
ポチッと頂けると大変嬉しいです!
↓  ↓
にほんブログ村 猫ブログへ

スポンサーサイト

category: 沢庵のはなし

tb: 0   cm: 6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。